治療案内|大崎市の歯医者 歯科おのでら|一般歯科 小児歯科 定期健診 メンテナンス ホワイトニング

歯科おのでら

治療案内

歯科おのでらでは一般のむし歯治療のほか、定期健診・メンテナンス、小児歯科、ホワイトニングなど、皆様の様々なお口の悩みにお応えしております。

一般歯科治療

一般歯科治療むし歯の治療や歯周病の治療、詰め物やかぶせ物、入れ歯製作などの治療のことです。

  • できるだけ歯を抜かない
  • できるだけ歯を削らない

を基本とし、十分な説明とともに治療を行います。


定期健診・メンテナンス

定期健診・メンテナンスむし歯や歯周病になってしまう前に、それらの病気を予防するための治療が予防歯科です。

症状が現れていれば、それは治療が必要な状態です。痛みが無くても来院していただいて専門的なクリーニングを行うことで、汚れのつきにくいツルツルな歯にします。

また、痛みや咬み合わせなどの治療が終わった後、患者様それぞれに合わせた内容で健康な状態を保つための定期健診やメンテナンスをお勧めしております。

むし歯や歯周病は痛みを感じなくても進行している場合があります。

もしむし歯ができてしまったとしても、定期的にお口の状態を確認することで進行が軽度な状態で発見できれば、歯へのダメージや治療の回数も少なくすることができます。


小児歯科

小児歯科乳歯のむし歯は後に生えかわる永久歯に影響します。

「どうせ生えかわるから」とケアをおろそかにしたり、むし歯を放置してしまうことは大きな問題です。また、子どもにとって健康な歯でおいしく食事をすることは、成長発育上も大事な意味を持っています。

子どものころに歯の治療に対する苦手意識や恐さのイメージが残ってしまうと、大人になった後もむし歯や歯周病が放置されて歯を失ってしまう可能性もでてきます。

当院では、お子様に「歯医者さんは恐くない」と思ってもらえるような雰囲気づくりを心がけております。治療の苦手なお子様は、具体的な治療に移る前に歯科治療に慣れるための「練習」から始めますので、安心して診療を受けていただけます。

むし歯になってしまった歯の治療だけでなく、むし歯予防のための効果的なブラッシングの方法や強い歯を作るフッ素の定期的塗布、むし歯予防のために歯の溝にシールをする「シーラント」治療も効果的です。


ホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングの方法は、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、主に家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。

外側からの変色

タバコや赤ワイン、カレーなどの飲食物も歯の着色の原因になります。これらを飲食したからといって、すぐに歯の色が変わるわけではありませんが、長く頻繁に口にしているほど、着色は進んでいきます。

内側からの変色

  • 肌の老化と同じで、新陳代謝により年々歯の色が濃くなってきてしまいます。
  • 永久歯の象牙質がつくられる乳児から7歳くらいの間にテトラサイクリン系の抗生剤を長期間飲むと、象牙質に色素が沈着してしまい歯に縞模様ができたりします。
  • 歯の神経の治療を行った場合や神経が死んでしまった場合でも、歯に栄養がいきわたらなくなり歯が変色してきます。
Copyright © 2014-2017 Onodera Dental Clinic. All Rights Reserved.